《世界一受けたい授業》髪の毛を健康に美しく保つ方法!医学博士が伝授

※本ページはプロモーションが含まれています

世界一受けたい授業,髪,毛,健康,美しく,保つ,方法

2023年6月17日の『世界一受けたい授業』で髪の毛を健康に美しく保つ方法が紹介されました。

教えてくれたのは、医学博士でクレアージュ東京 エイジングケアクリニック院長の浜中聡子先生です。

普段、何気なく行っている習慣が髪の毛を傷めていることもあるそうですので、美しい髪の毛を保ちたい人は、是非参考にしてください。

髪を美しく健康に美しく保つ方法

毎日同じ髪型にしないこと

医学博士の浜中聡子先生によると、毎日同じ髪型をしていると、分け目部分に紫外線が直接当たって頭皮に悪影響があるといいます。

分け目部分に集中的に紫外線が当たることで、抜け毛や薄毛の原因になってしまうこともあるそうです。

また、毎日のようにポニーテールをしている人は要注意だそうです。

理由は、ポニーテールなどの髪型は、頭皮が強く引っ張られる傾向にあり、負担がかかることで髪が抜けてしまい、けん引性の脱毛の危険性があるそうです。

少しで良いので、分け目や結ぶ位置を変えるのが効果的だそうです。

紫外線対策を避ける

紫外線が髪の毛には良くないことはよく耳にしますが、浜中聡子先生も紫外線対策について力説していました。

髪の毛に紫外線が当たると、髪の毛の中にある、たんぱく質の結合が切断されて、パーマをかけたときに似た現象が起こるといいます。

また、髪の毛が紫外線を浴びることで、表面にあるキューティクルがはがれやすくなり、髪の毛の傷みの原因にもなるそうです。

さらに、紫外線は、髪の毛だけでなく頭皮にも悪影響があります。

髪の毛は、毛細血管で運ばれた栄養や酸素を吸収しており、頭皮が紫外線による日焼けなどで炎症を起こすと、血流が悪化して、髪の毛が抜けやすくなったり、新しい髪が生えにくくなってしまうそうです。

外出時には、帽子、日傘、髪や頭皮に使えるスプレータイプの日焼け止めなどで対策しましょう。

髪の毛に良い食べ物を食べよう

浜中聡子先生によると、健康な髪を作るのに大事な成分は、『たんぱく質』と『亜鉛』と『鉄分』なんだそうです。

髪の毛の主な成分は、ケラチンで、たんぱく質を分解してできるアミノ酸と亜鉛によって作られるのです。

鉄分は体中に酸素を届けるのに必要な物質で、不足すると毛根まで酸素が行き届かず、抜け毛の原因になるそうです。

髪の毛を健康に保つには、納豆が良いそうです。

納豆には植物性たんぱく質、ビタミン、ミネラルが含まれていて、発酵食品で、消化も良いとのこと。

亜鉛、鉄分等の吸収にも負担が少なくのでいで、朝に1パックを食事に取り入れると良いそうです。

塩素を除去するシャワーヘッドもおすすめ

番組では、塩素を除去するシャワーヘッドもおすすめと先生が言ってました。

なるほど、塩素も髪の毛に影響がありそうです。

髪の毛は、高い塩素濃度の水に長時間さらされるとタンパク質が変質して、キューティクルがはがれやすくなるということでした。

なるほど、そういえば塩素って髪の毛が傷む原因となるみたいですね。

こちらの、おすすめ塩素を除去するシャワーヘッドも是非ご覧ください…《世界一受けたい授業》塩素除去シャワーヘッドの使用感と通販情報!

まとめ

世界一受けたい授業で浜中聡子先生が教えてくれた、髪の毛を美しく健康に保つ方法は参考になりました。

紫外線も気になる季節になってきましたので、注意したいところです。

タイトルとURLをコピーしました