マッチングアプリの注意点

マッチングアプリの安全性、登録する前に知っておきたい6つのこと

更新日:

マッチングアプリの安全性についての説明画像

マッチングアプリの安全性はアプリの信頼度はもちろんのこと、自身の使い方によっても変わってきます。

マッチングアプリで結婚をした私ですが、婚活をスタートした当時は安全性のことが一番気になって調べまくりました。

結論からいうと、マッチングアプリは間違ったアプリ選びと、間違った使い方さえしなければ危険なことはありません。
少なくとも大きなトラブルや犯罪に巻き込まれることはないと思います。

その逆にアプリ選びと使い方を間違えると、結婚詐偽、個人情報収集、セールス、恐喝、売春といった思わぬトラブルや犯罪に巻き込まれる危険性もあります。

そもそもマッチングアプリが本当に安全ならば「出会い系サイト規制法」なんて法律はできないわけですから。
「出会い系サイト規制法」については文末の方で触れています。

ここでは、婚活をこれから始める方のために、私自身の当時のことを振り返りながらマッチングアプリの安全性についてお伝えします。

これを読むと、マッチングアプリを使うのが少し不安になってしまうかも知れませんが、逆に危険性を知ることで安全に婚活ができると思いますので参考にしてください。

不安をあおるわけではありませんのでどうぞご安心を、私もマッチングアプリで結婚していますので。

「マッチングアプリは安全だから安心して登録しましょう…」そんなことはありません!

マッチングアプリは注意して使うこと

マッチングアプリのことをネット上で調べていて、良く目にしたのが下記のようなことです。

「マッチングアプリは証明書などの提出が必須になったので安全です!」
「大手のアプリだから安心して登録しましょう!」
等々

そんなことはありません!

確かに証明書の提出が必要だったり大手企業が手がけるアプリであれば安全性は高いと思われますが、危険性は0ではありません。

そもそも危険がなければ下記のような法律はできません。

出会い系サイト規制法(注)は、出会い系サイトの利用に起因した児童買春事件等の犯罪の急増を背景に平成15年6月に新規に制定され、同年9月に(事業者規制部分は同年12月から)施行されました。
法の施行後、出会い系サイトの利用に起因して犯罪の被害にあった児童の数はいったんは減少したものの、平成14年以降常に千人を超えている上、平成18年には被害児童数は再び増加しました。
そこで、平成20年5月、

■ 出会い系サイト事業者に対する規制の強化
■ 児童による出会い系サイトの利用を防止するための民間活動の促進

を内容とする改正出会い系サイト規制法(平成20年法律第52号)が成立し、同年12月から(一部の規定は同年9月から)施行されました。

出会い系アプリのような、婚活目的から少しはずれたサービスなら、こういった犯罪が起こるのも理解できますが、真剣に結婚したい方が利用するアプリが同様な犯罪に利用されるのは、本当に迷惑なことです。

マッチングアプリ提供企業も安全性強化のため様々な取り組み行っていますが、オレオレ詐偽のようにいたちごっこにならないことを願うばかりです。

婚活サイトの安全性については各企業がたゆまぬ努力を続けていますので、こちらも参考にしてみてください。
マッチングアプリが、より安心、安全に!「MSPJ」7つの約束を策定

ということで、くれぐれもマッチングアプリは用心しながら使いましょう。

実際に被害にあった「私」の事例

私はマッチングアプリを通じて真剣に婚活をしてきました。
危ない目にあわないように注意をしながらマッチングアプリを使っていたので大きな被害はありませんでしたが、勧誘系は何度かやられました。

実際に勧誘されたのは

  1. 酵素風呂の出資
  2. 宗教の勧誘
  3. 化粧品のマルチ商法
  4. 不動産の投資

この4つで、全て違う女性です。
タイトルを見れば何となく想像できるでしょうか…

中でも酵素風呂の出資を勧誘してきた女性は凄かったです。
とても明るくて綺麗な顔立ちの女性で、おのずと話が盛り上がりついLINEの交換をしてしまいました。

その直後いきなりパンフレットをテーブルに広げはじめて、いきなりセールス開始!

「あ!まずい!」ってことで説明が終わった時点で「全く興味がありません!」ときっぱり言って断りました。
その後にもLINEから「また会って話がしたい」とか、けっこうしつこかったのでブロックさせていただきました。

大ケガをしなくて良かったですが、このときばかりは時間と労力が無駄になったと落胆しました。
「綺麗な花にはトゲがある」といったところでしょうか。

不動産投資の女性は、どう見ても綺麗とは言い難く「どの口が言ってるんですか?」みたいな感じでした。

化粧品のマルチ商法の勧誘をしてきた女性は、あまりに強引で断る隙を与えてくれなかったので半ば逃げるようにして、さようならしましたよ。

優柔不断でいると、どんどん押してきますので、キッパリ断るようにしましょう。

マッチングアプリを安全に使うために必要な6つのこと

アプリを安全に使うために必要なこと

マッチングアプリを安全に使うために下記の6つのことに注意しましょう。

  1. アプリ選び、出会い系はダメ!
  2. アプリとは別の自己フィルターをかける
  3. 会う前にラインのIDや電話番号を教えては絶対にダメ!
  4. 勧誘などは、はっきり断ること
  5. 会う時は場所と時間を選ぶ
  6. これ大事!「かもしれない運転」

順をおって説明します。

マッチングアプリを選ぶこと。遊び目的の「出会い系」はダメ!

これはマッチングアプリを選ぶ段階で注意したい内容です。

マッチングアプリは下記のように分類できます。

1.婚活を目的とした完全有料の「婚活系マッチングアプリ」

2.婚活を目的とした男性有料・女性無料の「婚活系マッチングアプリ

※婚活系マッチングアプリには男性有料・女性無料サービスと男女共に有料の完全有料サービスの2つのタイプがあります。

3.恋人やお友達探しを目的とした「恋活系マッチングアプリ」

4.遊びを目的とした「出会い系マッチングアプリ」

この中で婚活目的で選んではいけないのが「出会い系マッチングアプリ」です。
「出会い系マッチングアプリ」は一般的に婚活以外の遊び目的相手を探すために使われます。

「出会い系マッチングアプリ」名前からしても何となくあやしい感じがしませんか?
まさにその通りで、試しにGoogleやYahooなどで「出会い系あぷり」で検索すると、婚活とは無縁そうなタイトルがたくさん出てきます。

こんな感じのです

絶対に使ってはいけない出会い系グアプリ

このようなアプリに登録てしまうと、次から次と巧妙な手口で犯罪の魔の手が伸びてきます。
自らトラブルを招かないためにも、真面目に婚活をするのなら、間違っても出会い系アプリに登録してはいけません。

出会い系アプリを見極めるために目安としては次のような特徴があります。

「出会い」ばかりを前面に出して「結婚」や「婚活」といった文字がない

困ったことに場合によっては「恋活」と明記されている出会い系アプリもありますので見極めるのはなかなか難しいかもしれません。

確認の意味で出会い系から婚活系までのマッチンングアプリと結婚の意識度の関係をみてみましょう。

マッチングアプリの種類と結婚意欲度の関係を表した表PC用

このような関係になっていて出会い系は婚活からは遠い存在となっています。

「出会い系」と「恋活系」との境もアプリによっては明確ではないので具体的に一般的に「出会い系」と認識されているアプリ名を上げておきます。
これらのアプリは婚活や恋活には向いていませんのでアイコンとアプリ名だけを載せています。

ワクワクメール

PCMAX

ハッピーメール

YYC

イククル

ペイターズ

Jメール

メルパラ

ASOBO

tinder

真面目に婚活したい人はこれらのアプリには登録しないようにしましょう。

マッチングアプリのことが良くわからない方は、まずは実績のある大手のアプリを使用すると良いでしょう。

大手が手掛けるマッチングアプリを3つほど紹介しておきます。

日本最大級のマッチングアプリ
(ペアーズ)


pairs

ちなみに、私はこのマッチングアプリPairs(ペアーズ)で妻と出会いました。


世界最大級のマッチングアプリ
マッチ・ドットコム(match.com)


マッチ・ドットコム


おなじみ大手mixiのマッチングアプリ
youbride(ユーブライド)


結婚するなら登録無料の婚活サイト/youbride(ユーブライド)


最大級続きでギネス風になってますが、いずれも「結婚」「婚活」の文字が前面に出ていますね。

これらのアプリは運営会社の規模も大きく信頼性があり安全性も高いので、この中から選んでおけば安心して利用することができるでしょう。

とはいえ、マッチングアプリもマッチングアプリの内のひとつなので、使い方を間違えると危険ですので十分注意が必要です。

アプリとは別に自己フィルターをかける

ここからはマッチングアプリを使うときに注意したいことです。

どのマッチングアプリも使い勝手は似たり寄ったりで、自分のプロフィールに条件を設定して相手にアピールすることができます。
一方、探す側は、自身の希望する条件フィルターをかけながら、合いそうなお相手を探すことができるようになっています。
例えば年齢、体型、身長、未婚者、子供がない、タバコは吸わない、といったような条件で探せたりします。

自己フィルターをかけるというのは、どういうことかというと、アプリの機能のように自分なりの条件を設定してしましょう。ということです。

そして、危ないと感じた相手はブロックします。
ほとんどのマッチングアプリでは特定の相手に対して自分を検索結果に出さないようにできるブロックフィルター機能が備わっていますので、それを利用します。
ブロックした相手は自分の検索結果にも出現しなくなります。

参考までに私が設定していたブロックフィルターの対象は、次の2つです。


1.プリクラ風・モデル風の画像を使用している

プリクラ風の画像、または、いかにもネット上からダウンロードしてきたような、まるでモデル並みの可愛い画像を載せている相手は無視。

そういう相手からくるメッセージは、おおむね「LINEの交換をしましょう」としか打ってきませんので、そのようなメッセージをもらったら、即問答無用でブロックです。

ものは試しと、何人かにイイネ!をしてメッセージをしてみたことがありますまが、やはりすぐLINEのIDを聞いてくることがほとんどでした。怖い怖い!

うかつにLINEのIDを教えると、個人情報が悪用されてしまいますので要注意です。


2.顔出ししていない

プロフィールに画像を載せていないのも、かなりあやしいです。

容姿もわからないまま、いざ会ってみたら理想からかけ離れた…なんてことになると、時間と手間も無駄になってしまいます。

SNSなどで顏出しに慣れている今の時代に画像を載せていないというのは、よほど自分の容姿に問題があると思っているか、とりあえず登録をしている婚活意識の低い方だと思われます。
(大手mixiのマッチングアプリyoubrideユーブライド以外は女性は無料で会員登録と全ての機能を使えるようになっています。)

ただ単に顔出しするのが恥ずかしいという方も中にはいると思いますが、それでいて相手の画像は閲覧している、というのは婚活に対する意識が低いですし、姿勢みたいなものが私には引っかかるのです。

ですので、プロフィールに画像を載せていない女性も要注意です。


私がこれらフィルターを実践して感じたことは、自己フィルターを設定することで出会いの機会は少なくなりますが、成功の確率が上がるので結婚への近道になると思っています。

会う前にLINEのIDや電話番号を教えては絶対にダメ!

女性のフリをしてLINEのIDを聞きたがる奴?業者?男性? マッチングアプリを使っていて、これが一番多かったです。

おそら個人情報を悪用する業者でしょう。

「連絡が取れなくなるから…」「アプリの調子が悪いから…」 などなど、なんだかんだ理由をつけてIDを聞き出そうとします。

絶対に会う前に交換してはダメです!

LINEの交換は会ってからするようにしましょう。
会う前からLINE交換したいと要求してくる相手は、問答無用でブロックです。

細かいことですが、会ってもLINEの交換はすぐにはせずに、少し話をして「人となり」を判断してから交換することをおすすめします 。
会えば安心というわけではありませんから、少しでもあやしいと感じたらライン交換はしない方が賢明です。

後述しますが私は、お相手の女性と会ってすぐにLINE交換をしたことがあり、後でしつこくされた経験がありますので気を付けてください。

初めて会う時は場所と時間を選ぶ

このことは、どこかのサイトで知って危なそうな時は実践していました。

まず、会う場所ですが、人気のない場所で会うことは出来るだけ避けたほうがいいです。

それは女性に対するアドバイスでは?

そんなことはありません!男性に対しても同様のことがいえます。
マッチングアプリを利用して犯罪が行われているのは事実です、何が待ち受けているかわかりません。
私は、待ち合わせの時間に遠くから様子を見てから会ったこともあります。

時間帯も遅い夜の時間帯は、なるべく避けたほうが良いです。
例えば、メッセージがはずんで初顔合わせに居酒屋に飲みに行く約束をする。
それも良いのですが、そういう女性は結婚を真剣に考えていない方が多いように思えました。

初めて会うのは通常は顔合わせのようなものなので、ゆっくり会うのはまたの機会にしたほうが相手にも好印象となります。

会う場所はホテルのカフェあたりが静かで、穏やかに話ができてますのでオススメです。

以上のことを考慮しながら、初めて会うときは、お互いに都合の良い主要駅を指定するようにすれば、まずOKの返事がもらえると思います。
仮に、このような条件でNOという方は、婚活目的ではないと思います。

勧誘などは、はっきり断ること

この被害は多くありました。
私は必ずメッセージを何度かやりとりしてから、良さそうな感じの方と会うようにしていました。
何度かメッセージを交わすと、何となく「人となり」がわかると思っているからです。

それでも中にはツワモノがいて、何度か勧誘にあってしまいました。
「時間を返せ!」と言いたいです。

そこまでのツワモノなので、もし勧誘にあったときは、どんなに容姿がキレイでも心の中は真っ黒!でしょうから、ハッキリした態度でお断りしましょう。

優柔不断な態度をしていると、相手の思うツボ状態です。

これ大切!「かもしれない運転」

車の運転をされている方なら「だろう運転」「かもしれない運転」ということを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

きっと安全だろう、と思い込みながら注意を怠る「だろう運転」ではなく、危険を予測しながら運転をする「かもしれない運転」をすることが車の事故防止に役立つとされています。

この「かもしれない運転」をマッチングアプリにも活用しよう。ということです。

運転だけに限らず、どんな事でも「かもしれない運転」は必要だと思っていて、マッチングアプリも例外ではありません。
「この女性は大丈夫だろう」といった「だろう運転」ではなく「もしかしたら?」といった「かもしれない運転」を心がけましょう。

それから、話はそれますが、意外と「直感」も当たるように思えます。
経験値から学びを積み重ねて作られるであろう直感も危険回避には役立ちます。
「おや?何か怪しい」「そんなはずはない」などと感じたら、注意しましょう。

まとめ

結婚したい男の婚活サイトのまとめ画像

いかがでしたか。

マッチングアプリは証明書の提出が必要となったことで犯罪も少くなっているとはいえ、まったくなくなったわけではありませんので用心して使いましょう。

犯罪とまではいかなくとも、嫌な思いもしたくありませんからね。

アプリの使用には自分なりのフィルターをかけたり、会う時間帯や場所を選ぶことで安全に使えますので、楽しい婚活でゴールを目指しましょう。

良く読まれている記事

婚活アプリのあるあるを説明している人 1

ここでは私達夫婦が体験した「女性の婚活アプリあるある」と「男性の婚活アプリあるある」をお伝えしています。婚活の参考に、そしてご自身を見つめ直す機会にしていただけたらと思います。

婚活にコンプレックスを抱えている男性 2

婚活したくてもコンプレックスが邪魔をして、なかなか始められない人も多いことでしょう。人は誰でも何かしらのコンプレックスを持っているものです。ここでは、容姿のコンプレックスで悩む必要がないことや、私の体験もまじえながら、婚活アプリでの工夫のしかたについてお伝えします。

自分を撮影している人 3

婚活アプリのプロフィールに写真を載せていますか?とても重要なプロフィール写真の撮り方をお伝えします。

婚活アプリの安全性についての説明画像 4

婚活アプリの安全性はアプリの信頼度と、自身の使い方によります。間違ったアプリ選びと使い方さえしなければ危険なことはありません。ここでは、婚活をこれから始める方のために、私自身の当時のことを振り返りながら婚活アプリの安全性についてお伝えします。

婚活は低収入でもできるのか? 5

低収入,婚活,婚活アプリ,結婚したい男
婚活は低収入でもできるのか?婚活と低収入の関係を見てみましょう。確かに婚活において低収入なのはデメリットとなりますが、だからといって婚活ができないわけではありません。低収入でも婚活を成功させるためにお役立てください。

-マッチングアプリの注意点
-

Copyright© マッチングアプリで結婚した私がおすすめする婚活アプリ!婚活体験談 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.