マッチングアプリのおすすめ|40代で結婚できるベストアプリ

40代におすすめする婚活マッチングアプリ

40代を過ぎたあたりから婚活しようにも周りを見渡せば同年代の独身者は少ないのが現実。

国勢調査によれば年々「生涯未婚者」も増えているとのこと…

でも、諦めないでください。
40代でもマッチングアプリを使えば結婚のチャンスは、まだまだあります。

私自身、40代をとっくに過ぎてからマッチングアプリを使って結婚することができています。

今回は40代で結婚できる「おすすめ」ベストマッチングアプリの紹介と、おすすめする理由についてお伝えしたいと思います。

私の経験談も交えながら詳細をお伝えしていきますのでマッチングアプリ選びで迷われている方は是非参考にしてください。

40代の婚活にマッチングアプリをおすすめする理由

マッチングアプリを40代でもおすすめできる理由

40代を過ぎた私がマッチングアプリで結婚できた事実

まず、40代の婚活にマッチングアプリをおすすめする理由ひとつ目は

スマートフォンさえあれば婚活の範囲が驚くほど、いっきに広がります。
会えるところまではアプリ上でできますので体力の衰えても関係ありません。

この結婚できた事実があるので40代を過ぎてからでも、その気になれば誰でもマッチングアプリを使って結婚することができる!と思っています。

結婚できたのは、たまたま運が良かっただけなのかも知れませんが相手に良い印象を与えるようにプロフィール画像や紹介文を工夫したことも良かったのだと思っています。

おかげで、大勢の女性と会うことができましたし私にとっては、とても有意義な経験でした。

今やネット時代、マッチングアプリが熱い

冒頭で未婚率が年々上がっているとお伝えしましたが、実は未婚率が上がっている一方で40代でマッチングアプリを使う人の割合は増えています。

これは婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)の数字です。

2018年には婚活パーティーや結婚相談所の利用率が下がっているのに対してマッチングアプリは上がっているのがわかります。
少子化や生涯未婚率が上がっているので総人数は減っていいますが、そんな中40代のマッチングアプリで婚活をする人が増えているのです。

この環境下でマッチングアプリだけが選ばれ伸びているのは

使いやすい
気軽に利用できる
実際に結婚できる

つまりは現代の環境に合っているからだと思います。

まさに今や40代のマッチングアプリは熱い!
40代が婚活にマッチングアプリを使うのには、それだけメリットがあります。そう思いましょう。

40代の婚活は20代や30代と比べて真剣にならざるを得ません。
50代に入ると生涯未婚率が待っているからです。

50代に入っても婚活はできると思いますが、かなり苦戦することは誰しもが容易に想像できると思います。
失礼な言い方になってしまうかも知れませんが言わば

「崖っぷち?」

な感じでしょうか。

マッチングアプリは確かに婚姻率は低いかも知れませんが今後は40代を中心に真剣に使用する人が増えるれば20代、30代の人の使用率は、今よりもっと加速しそうです。
私的には、さらに50代にまで広がって欲しいですが(^^)

結婚に一番近いおすすめマッチングアプリとは

結婚に一番近いおすすめマッチングアプリ
「40代に熱いマッチングアプリ!」何だか口癖になりそうですが^_^;

そのマッチングアプリの中には「おすすめできる」アプリと「おすすめできない」アプリが存在します。

おすすめできるアプリとおすすめできないアプリの違いを説明するためにはアプリの種類について知る必要があります。
種類については明確に種類分けされている訳ではありませんが私としては使用目的やサービス内容によって分けられると思っています。
ネット上を見ても同様のことが多く書かれています。

具体的には下記のように分類できます。

1.婚活を目的とした完全有料の「婚活系マッチングアプリ」

2.婚活を目的とした男性有料・女性無料の「婚活系マッチングアプリ

※婚活系マッチングアプリには男性有料・女性無料サービスと男女共に有料の完全有料サービスの2つのタイプがあります。

3.恋人やお友達探しを目的とした「恋活系マッチングアプリ」

4.遊びを目的とした「出会い系マッチングアプリ」

この4種類にわけることができます。

 

40代の婚活に「おすすめする」マッチングアプリ選び【基本編】

マッチングアプリのアイコン画像

こちらが、現在良く使われているマッチングアプリです。
※出会い系アプリは婚活では使えませんので除いてあります、理由は後ほどご説明します。

27個のアプリの詳細が知りたい方は27個の安全アプリもご覧ください。

大まかにふるいにかける方法その1.「婚活系」だけを選ぶ

「婚活系」だけを選び「恋活系」を除外します。

「え、恋活系も除外するの?」
そんな声も聞こえてきそうなので説明しておきますね。

恋活系のマッチングアプリでも婚活はできます。
大手が手掛けるマッチングアプリであれば安心して使用することもできるでしょう。

しかし「結婚が目的」となると話は別です。

恋活アプリは主にお友達や恋人を作るために使われるため基本的に婚活目的では弱いのと、その分遠回りになってしまう可能性が高いので、あまりおすすめはできません。

お金と時間に余裕があるのなら使っても良いとは思いますが婚活に特化したマッチングアプリがあるので、わざわざ遠回りをする必要はありませんので今回の婚活目的からは除外することにします。

40代になったら10の恋愛より1の結婚を目指しましょう。

大まかにふるいにかける方法その2.大手が手掛けているマッチングアプリ

続いて「大手が手掛けているマッチングアプリ」だけを選びそれ以外を除外します。

理由は2つあって
1つ目の理由は安全に使うためです。

マッチングアプリは手軽に登録ができる半面、使用方法や相手選びを間違えると危険性も秘めています。

危険性について説明すると本筋からそれてしまうため、ここではしませんが大手の手がけるマッチングアプリであれば、まず安心して使えます。

安全性について気になる人はこちらのマッチングアプリの安全性をご覧ください。

2つ目の理由は活発度です。

そもそも、大手が手掛けるマッチングアプリは人気があって良く使われています。
人気があると言うことは会員数も多く40代にとっては有利です。
また人気があると言うことはアプリ内で活発に婚活がされていると言うことになります。

前置きが長くなりましたが^_^;
「婚活系」と「大手が手掛けている」マッチングアプリ以外を除外して残ったのがはこちらです。

  1. ブライダルネット
  2. Pairs(ペアーズ)
  3. マッチ・ドットコム
  4. ゼクシィ縁結び
  5. youbride(ユーブライド)

いっきにふるい落とされ5つに絞られました(^^)

基本的には、この5つのアプリの中から、どれを選んでも婚活をするには十分なスペックだと思います。

この十分なスペックのマッチングアプリから、さらに条件に沿ったベストなアプリを選んで行きましょう。

40代の婚活に「おすすめする」マッチングアプリの選び【詳細編】

40代におすすめするマッチングアプリを選んでいるところ
いよいよ大詰めです(^^)

基本十分なスペックの5つマッチングアプリから、さらに絞って40代の婚活におすすめするベストアプリを決定します。

40代の婚活におすすめするマッチングアプリの、さらなる条件は以下の2つです。

  • 同年代(40代)の会員数が最も多いマッチングアプリ
  • 最も婚活意欲が高いマッチングアプリ

てすとp

同年代(40代)の会員数が最も多いマッチングアプリによる選考

同年代(40代)のマッチングアプリ選びを良しとする理由は統計的に見て一番結婚に結び付きやすいからです。

人によっては年下の30代とか20代の相手を希望する人、もしくは50代や60代の相手を希望する人もいるかも知れませんが、良く考えてください。

仮にあなたが20代、30代だとして10歳年上の人と「真剣にお付き合いできますか?」「本当に結婚できますか?」
と言うことです。

ネット上でいろいろ調べていると
「若い年代が多いマッチングアプリは年上の人にも興味があって登録しているから40代や50代の人でも相手が見つかる!」

このような無責任な内容をよく見かけますが、そんなことは決してありません。99.9%ありえません。
確かに世の中には年が離れた年上好みの人もいるでしょうが00.1%で相手が見つかる人は、それなりのメリットを持った人だけです。

基本スペックが良い大手が手掛けるマッチングアプリは会員数を公表しているところがほとんどです。
推測するに会員数を公表していないマッチングアプリは会員数が多くないためイメージアップにつながらないので公表していないと考えられます。

企業の公表している会員数が最も信頼できます。

40代の会員数が最も多いおすすめベストマッチングアプリ

40代の婚活に「おすすめする」マッチングアプリの選び【詳細編】
これから40代の会員数が最も多いマッチングアプリを具体的に選んでいきますね。

選択方法はいたって簡単です。
会員数から40代の利用者の割合を算出するだけです(^^)

会員数×40代の利用者の割合=40代利用者の人数
です。

本当はアクティブユーザー数で計算したいところなのですがアクティブユーザー数は全社非公開となっていますので公開会員数で計算して行きます。

アクティブユーザーとはアプリに登録をして実際にサービスを利用しているユーザーのことを指します。

ちなみに、アクティブユーザー数を載せているサイトを良く見かけますが全てでっち上げですのでご注意くださいね。

それでは5つのアプリの基本スペックから計算をしてみます。
昇順に並べ変えた結果です。

1.Pairs(ペアーズ)

会員数 1,000万人
年代層利用率 20代:55%
30代:27%
40代:13%
50代:5%

10,000,000人×13%=1,300,000 人
130万人

2.youbride(ユーブライド)

会員数 160万人
年代層利用率 20代:11%
30代:30%
40代:43%
50代:16%

1,600,000人×43%=688,000人
68万8千人

3.Match(マッチ)

会員数 157万人
年代層利用率 20代:28%
30代:36%
40代:24%
50代:12%

1,570,000人×24%=376,800人
37万6千800人

4.ブライダルネット

会員数 31万人
年代層利用率 20代:19%
30代:27%
40代:26%

310,000人×26%=80,600
8万600人

5.ゼクシィ縁結び

会員数 65万人
年代層利用率 20代:42%
30代:48%
40代:7%
50代:3%

650,000人×7%=45,500人
4万5千500人

このような結果になりました。

Pairs(ペアーズ)は40代の会員の割合が13%で数字だけを見ると少ないように思えるのですが、実際に計算してみると他のマッチングアプリより最も多く130万人もいるんですね。

この結果から40代の会員が多いマッチングアプリを選ぶならPairs(ペアーズ)を選ぶと良いことになります。

詳しく知りたい方はこちらの→Pairs(ペアーズ)公式サイトでご覧下さい。

見逃せない婚活意欲が高いベストマッチングアプリ

マッチングアプリ選びに重要なもうひとつの要素
実は、もうひとつ見逃せない選び方がありますので、ご紹介しておきます。

それは婚活系の完全有料マッチングアプリです。

通常のマッチングアプリの利用料金は男性は有料で女性は無料となっていて出会い系、恋活系、婚活系の全てのマッチングアプリに共通しています。

完全有料の狙いは婚活意欲の高い人だけを会員にして婚活系マッチングアプリの質を高めることにあります。

通常の女性が無料で使えるとなると、何となくおわかりになると思いますが無料なら取りあえず登録しておこうかなぁ…と言った取りあえず登録者が多くなり婚活系としてのアプリの質が下がってしまいます。

今現在は婚活系との線引きも曖昧なところがありますが、今後は完全有料のマッチングアプリが婚活系と呼ばれるようになると思います。

すみません、また前おきが長くなってしまいました^_^;

では、詳細とともに結果を見てみましょう。

まず29のマッチングアプリの中から「完全有料」で「大手のサービス」だけを選ぶと以下の4つになります。

ペアーズは脱落です…

  1. ブライダルネット
    運営会社:株式会社IBJ
  2. ゼクシィ縁結び
    運営会社:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
  3. Match(マッチ)
    運営会社:マッチ・ドットコム ジャパン株式会社
  4. youbride(ユーブライド)
    運営会社:株式会社Diverse

この4つが婚活系で完全有料となっています。
一応、参考までに運営している会社名入れてみました。全て大手企業です。

そしてこの中から40代の会員数が最も多いマッチングアプリがこちらのyoubride(ユーブライド)です。

youbride(ユーブライド)

会員数 160万人
年代層利用率 20代:11%
30代:30%
40代:43%
50代:16%

1,600,000人×43%=688,000人
68万8千人

もう少し詳しく知りたい方はこちらの→youbride(ユーブライド)公式サイトでご覧下さい。

同年代の会員数で選ぶか?完全無料で選ぶか?

マッチングアプリを選んでいる様子
単純に同年代の会員数で選ぶとPairs(ペアーズ)が最も良いことになりますが結婚意識が高い選び方をするとyoubride(ユーブライド)となります。

40代の会員数の違いは

Pairs(ペアーズ)→78万人

youbride(ユーブライド)→68万8千人

会員数に約11万人の違いがあります。

気になる点はPairs(ペアーズ)の40代の会員数の割合が13%と低いの対してyoubride(ユーブライド)は43%であるところです。

youbride(ユーブライド)は40代会員が最も多いのです。

つまり40代の婚活が活発であることを意味しています。

単純に40代の会員数が多いPairs(ペアーズ)にするのか?
それとも
会員数は少し落ちますが40代が活発に婚活されているであろう結婚意識が高いyoubride(ユーブライド)にするのか?

悩ましいところです。

私なりの考えてとしては、まずは無料で登録できるPairs(ペアーズ)で様子を見て、希望する相手が見つからなければyoubride(ユーブライド)を使う。
こんな方法が良いのではないかと思います。

本当にこの選考は正しいのか?

マッチングアプリを比べているところ
確かにこの選考方法には疑問点もあります。

数字だけを見れば確かに40代の会員数はPairs(ペアーズ)が一番多いのですが、40代の会員が占める割合が13%と低いことが気になるのです。

低いと言うことは40代においては婚活が活発にされていないのでは?と言う疑問です。

一方youbride(ユーブライド)は40代の会員数はPairs(ペアーズ)に劣るものの40代の会員が占める割合が43%と高いのです。
ならばyoubride(ユーブライド)の方が40代では婚活が活発と予想されるので有利なのではないでしょうか?

と言う疑問です。このことについて私はこう考えています。

仮にyoubride(ユーブライド)の方が40代では婚活が活発だとしても、マッチングアプリで婚活するためには、まず出会えなければ話になりません。
活発に婚活されている分婚姻率も高いことは予想されますが、とにかく出会いがなければ何も始まらないのです。

活発=婚姻率が高いとしても、それが出会いの機会を増やしてくれるわけでわありません。

婚姻率はアプリで相手が見つかった後のことです。

ただ数字だけを見た結果ではなくPairs(ペアーズ)は最も結婚に近いマッチングアプリだと思っています。

詳しく知りたい方はこちらの→Pairs(ペアーズ)公式サイトでご覧下さい。

私が結婚できたアプリです


詳しくはこちらのPairs(ペアーズ)公式サイト

これを読んだ人に参考になる記事


マッチングアプリの数と種類
【マッチングアプリ】キャッチフレーズ

婚活アプリの安全性についての説明画像
マッチングアプリを安全に使うために5つの危険項目を要チェック!

Copyright© ♡婚活応援BLOG♡ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.